TOP > 企業情報 > 沿革

企業情報

沿革

当社は、顧客の立場にたった物流技術を提供するため、国家試験有資格者の増員を行っています。上期に夏場需要期を迎えるびん容器・清涼飲料輸送には、「製品にやさしいエア・サス仕様車両」が稼動し、下期の冬場繁忙期となる石油類の輸送には「ハイテクローリー仕様車両」を増強中であります。
粉粒体輸送には「バルク仕様車両」を稼動させるなど、それぞれの物流ステージで特殊車両による配送を行っております。
更に、最近は「ケミカル仕様車両」の輸送にも進出し、独自の安全基準による輸送付加価値は、荷主からの高い評価を頂いております。年間を通して物量の繁閑差をなくす工夫により、バランスの良い物流事業の経営となっております。
更に、利益率の向上を目指して、保有資産の有効利用と提案物流による施設の提供で不動産賃貸事業も拡大をしており、取引先の商品販売にも力を入れております。

1943年10月 神奈川県指令保交第1483号により、区域貨物自動車運送事業の免許譲受の許可を得て、横浜市東部地区の運送会社13社により出資金250万円の払込完了
1943年12月 商号を横浜東部運送株式会社として設立
1944年1月 本店を横浜市神奈川区神奈川通3丁目62番地に置き、事業を開始
1947年3月 本店を横浜市神奈川区青木通57番地に移転
1953年5月 石油類の輸送を開始
1959年10月 株式会社横浜髙島屋(現 株式会社髙島屋)の神奈川県全域における百貨店商品の宅配事業を開始
1961年10月 株式会社髙島屋と宅配業務等に関し、運送契約を締結
1961年12月 びん容器類の輸送、清涼飲料の輸送を開始
1967年10月 セメントの輸送を開始
1968年2月 横浜市神奈川区に石油販売等を目的とした東部石油販売株式会社を設立(1986年1月1日付 東部商事株式会社に商号変更し、その後当社と合併)
1977年2月 神奈川県相模原市にびん容器類の工場構内輸送作業の子会社 相模新栄運送株式会社を設立
1979年11月 本店を横浜市神奈川区金港町5番地の10に移転
1988年6月 神奈川県内31配達所をコンピュータネットワーク化し、貨物追跡システム導入設置
1990年5月 横浜市神奈川区栄町2番地の9に自社ビル完成
本店を同所へ移転、併せて当ビルを利用した不動産賃貸事業を開始
1992年4月 全営業所コンピュータネットワーク完成
全大型車両に液晶式車載コンピュータを搭載導入設置
1992年7月 商号を東部ネットワーク株式会社に変更
1996年2月 運輸局長より指定自動車整備事業(民間車検場)の指定を受け、自動車整備事業開始
1996年4月 東部商事株式会社を吸収合併し、石油類の販売、セメントの販売、各種自動車の販売及びリース業、損害保険代理業、生命保険の募集に関する業務等の事業を開始
1999年11月 日本証券業協会の理事会承認を得て、株式の店頭上場をし、資本金は5億5,303万円となる
2001年3月 神奈川県座間市に全温度帯の食品物流センター、「座間食品物流センター」を稼働
株式会社高島屋との運送契約の一部を、同社直系物流子会社株式会社高島屋物流サービスとの契約に変更
2001年10月 同上株式会社高島屋物流サービスと株式会社タフ(株式会社高島屋の物流子会社)が合併し、株式会社ティー・エル・コーポレーション設立。 当社との運送契約については、新会社に引継がれる
2004年2月 株式会社ティー・エル・コーポレーションとの運送契約を解除
2004年10月 日本山村硝子株式会社埼玉工場の輸送業務等取扱開始のため、埼玉営業所を新設
2004年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
2005年1月 コカ・コーラナショナルビバレッジ株式会社と関東圏及び中京圏の輸送契約締結
2005年6月 東部厚木物流センター7,500坪(神奈川県厚木市)が完成し、転貸開始
2005年11月 日本山村硝子株式会社の播磨工場、関西工場の製品輸送取扱開始
関西地区への進出により西宮営業所、播磨営業所を開設
2006年1月 コカ・コーラナショナルビバレッジ株式会社と北陸及び信州発関東、東北方面の輸送契約締結
2007年1月 コカ・コーラナショナルビバレッジ株式会社と東海地域から関西圏への輸送契約締結
2007年3月 神奈川県海老名市に海老名輸送基地5,885m²を新設
2007年7月 TLS(東部ネットワーク・ロジスティクス・システム)第一次開発・導入
2008年3月 埼玉営業所用地(埼玉県深谷市)第1期分4,949.99m²取得
2008年8月 埼玉輸送基地用地(埼玉県深谷市)第2期分2,660.22m²取得
2008年10月 TLS(東部ネットワーク・ロジスティクス・システム)第二次開発・導入
2009年1月 西宮施設竣工
北陸営業所(富山県砺波市)を開設
2009年3月 海老名第2輸送基地用地(神奈川県海老名市)2,098m²取得
2009年11月 旧海老名営業所(神奈川県)跡地に海老名施設竣工
2010年3月 東部北陸物流センター用地取得(富山県砺波市 37,706.41m²)
同施設の建設着工(鉄骨造・平屋建・全天候型 21,067m²)
2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 大阪証券取引所JASDAQ(スタンダート)に上場
2011年2月 3PL事業(首都圏物流改革提案)の採用を受け東部海老名物流
センター着工(神奈川県海老名市 土地:面積35,102m²
建物:鉄骨造2階建 延べ床面積36,363m²)
2011年3月 東部北陸物流センター竣工 同年4月稼働開始
2011年4月 新LIS(新物流情報システム)完成、提供開始
2011年11月 草加施設(埼玉県草加市)竣工
2011年12月 東部海老名物流センター(神奈川県海老名市)竣工
2012年2月 倉庫業登録完了(登録第6831号)
2013年1月 仙台出張所(宮城県仙台市)を開設
2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場
2013年12月 創立70周年を迎える
2014年7月 名古屋営業所(愛知県一宮市)を開設
2014年8月 太陽光発電所の稼働開始(富山県砺波市、神奈川県海老名市)
2015年2月 カンダホールディングス株式会社、高末株式会社、株式会社ヒガシトゥエンティワンの3社と包括 業務提携を締結
  • 設立時会社外観
  • 創業当時のトラック
  • 本社ビル外観
  • 座間食品物流センター
  • 東部厚木物流センター外観
  • 東部北陸物流センター外観
  • 東部海老名物流センター外観